botchy hack note

TypeScript、Ruby、Golang とか Macとかの備忘録です.間違いがあるとご指摘くださると嬉しいです.

Go で簡単にターミナルから AWS コンソールにアクセスできるコマンドを作った

f:id:bokken31:20170510001805p:plain

こんにちは、TypeScript と VS Code、 AWS が好きな bokken (@_bokken) です。

今回はターミナルから AWS コンソールに楽にアクセスできる awsb (AWS browse) というコマンドを作ったので紹介します。

荒削りですがコマンドは Github で公開しています。

github.com

目次

背景

AWS を利用して開発をしているときに確認のためにブラウザを開いて AWS コンソールで確認する作業が手間になっていました。

サービスの選択が面倒なだけでなく開発先がデフォルトリージョンでない場合、リージョン変更の必要もあるためブラウザ遷移の時間がかかり非常に非効率です。

AWS コンソールの遷移は時間がかかりますし、遷移回数が多くなればなるほど開発効率が下がってしまいます。 (AWS のコンソールの遷移がやたら重い気がするのは気のせいでしょうか)

作ったもの

作ったコマンドではサービス名とリージョンを指定するとターミナルからすぐに対象のサービスのコンソール画面に移動できます

使用例は下記です。

$ awsb <service> [region (default: us-west-2)]

デモは下図です。

f:id:bokken31:20170510000950g:plain

インストー

Go を導入していただく必要があるのですが、導入していれば Windows, Linux, Mac 問わず下記コマンドで awsb をインストールできます。

go get -u github.com/negibokken/awsb

オプション

また、 筆者は移動対象のサービスの名称やリージョン名と地域の対応を忘れがちなので、$ awsb --service-list$ awsb --region-list で移動対象のサービスやリージョンの一覧を確認できます。

$ awsb --service-list

acm
apigateway
appstream
...
$ awsb --region-list

ap-northeast-1  Asia Pacific (Tokyo)
ap-northeast-2  Asia Pacific (Seoul)
ap-south-1      Asia Pacific (Mumbai)
...

メリット

このコマンドを利用すると

  1. ターミナルからブラウザの遷移の手間
  2. AWS コンソール上でのサービス変更の手間
  3. AWS コンソール上でのリージョン変更の手間

から解放されます。

まとめ

今回、ターミナルからAWSコンソールへ楽にアクセスするための awsb というコマンドを紹介しました。

本コマンドは随時アップデートしていく予定ですが、MR、Issues の登録は大歓迎です。

筆者自身 Go は習得途中であるため、ご指摘等もどしどしいただけると嬉しいです。

それでは、本コマンドが少しでも AWS を利用した開発の助けになれば幸いです。

良かったら TypeScript 関連や AWS 関連のつぶやきをしているので @_bokken をフォローしてみてください。

広告を非表示にする